政府税調租特等PT

 政府税制調査会に設置されたPTの1つ。正式名称は「租税特別措置・税負担軽減措置等の見直し及び課税ベースの拡大等の検討に関するプロジェクトチーム」。五十嵐文彦財務副大臣が座長を務め、政策税制措置の抜本的な見直しの推進とともに、法人実効税率の引下げ等の検討に際し必要となる課税ベースの拡大等の財源確保策に関する検討が行われている。政府税調には他に、納税環境整備PT、雇用促進税制等PT、市民公益税制PTが設置されている。

 

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

 T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「PT」⇒98

分類

タイトル
登録日

オフィシャル税務

消費税を含む税制抜本改革、早期着手を民主党調査会が提言

2010年 12月 13日

オフィシャル税務

認定NPO法人に対する寄附に所得税の税額控除制度を導入へ

2010年 12月 13日

資料

納税環境整備PT 報告書

2010年 12月 13日

解説記事

民主党PTと政府税調で 一致する主要改正の方向性

2010年 12月 06日

オフィシャル税務

更正の請求期間は5年に延長、当初申告要件見直しで範囲拡大へ

2010年 12月 06日

オフィシャル税務

納税者権利憲章など、国税通則法が昭和37年以来の抜本的見直しへ

2010年 11月 29日

(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」378号(2010.11.15「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2010.12.22 ビジネスメールUP! 1490号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで