清算損失

 100%子法人が解散した場合、子法人株式の価値はゼロとなるが、これに伴い株主の親法人が計上する損失が清算損失である。平成22年度税制改正前、100%子法人が解散し残余財産が確定した場合には、清算結了を要件に、親法人は子法人株式に係る清算損失の損金算入が認められていた。しかし、平成22年度税制改正では、親法人が子法人の繰越欠損金額を引き継げることとなったため、損失の二重計上防止の観点から、清算損失の計上を認めないこととされた。

 

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

 T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「100%子法人」⇒19

分類

タイトル
登録日

解説記事

グループ法人税制関係の具体的改正内容、改正趣旨を総ざらい

2010年 12月 27日

プレミアム税務

マイナスの資本等額も損金算入可、複数大法人保有法人に中小特例なし

2010年 12月 20日

プレミアム税務

グループ税制見直しで、特定外国子会社等への現物分配は非適格に

2010年 12月 06日

プレミアム税務

100%子法人清算時の株式評価損計上、23年度税制改正で封じ込めへ

2010年 11月 22日

解説記事

100%グループ内の法人間の取引等に係る改正について

2010年 10月 18日

資料

平成22年度法人税関係法令の改正の概要(2)

2010年 06月 14日

(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」379号(2010.11.22「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2011.1.14 ビジネスメールUP! 1495号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで