著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

我が国の収益認識に関する研究報告(中間報告)


 日本公認会計士協会が平成21年7月9日に公表した会計制度委員会研究報告第13号のこと。研究報告では、当時の国際会計基準(IAS)第18号「収益」における収益認識の考え方を記載した上で、日本における会計処理の考え方(実務慣行を含む)を整理するとともに、IAS第18号と比較した考察を行っている。例えば、消化仕入では、日本の実務においては商品販売高を総額で収益として表示している場合が少なくないが、手数料部分のみを収益として表示することが適切と考えられるとしている。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「会計制度委員会研究報告」⇒47

分類

タイトル
登録日
解説記事 平成28年3月期における会計方針の変更 2016年 09月 19日
プレミアム会計 会計士協会、計算書類に係る附属明細表のひな型を見直し 2014年 04月 11日
解説記事 有価証券報告書作成上の留意点(平成25年3月期提出用) 2013年 05月 20日
プレミアム会計 比較情報や繰延税金資産を会計基準等に 2012年 11月 26日
解説記事 四半期報告書作成上の留意点(平成24年6月第1四半期提出用) 2012年 07月 16日
プレミアム会計 企業の疑問が多い比較情報の開示の要否 2012年 06月 11日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」659号(2016.9.19「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2016.12.9 ビジネスメールUP! 2326号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで