遺留分の算定


 遺留分は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除して、これを算定することとされている(民法1029条)。遺留分の算定に関して、贈与については相続開始前の1年間にしたものに限って、その価額を算入することになる(民法1030条)。しかし、受贈者が相続人である場合には、民法1030条の規定にかかわらず、原則として遺留分算定の基礎となる財産になるとされており、そこに時期的な制限は設けられていない。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「遺留分の算定」⇒13

分類

タイトル
登録日
解説記事 相続関係の民法改正で事業承継スキームが変わる! 2016年 10月 03日
オフィシャル税務 中小企業経営承継円滑化法の申請書も国税と同様に提出期限を延長 2011年 04月 11日
解説記事 中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律の要点 2008年 06月 23日
コラム 中小企業経営承継円滑化法の利用価値 2008年 04月 07日
解説記事 Q&Aで読み解く事業承継税制 2008年 02月 25日
解説記事 事業承継円滑化に向けての提言・報告について(3) 2007年 07月 23日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」661号(2016.10.3「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2016.12.26 ビジネスメールUP! 2332号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで