国税犯則調査


 国税についての犯則(脱税など)が疑われる場合に国税職員が実施する調査のことで、国税局査察部が所得税や法人税の脱税などに対して行う査察調査が代表例である。担当の国税職員は、国税犯則取締法に基づき、脱税の情報収集(内偵)を行ったうえで任意調査や強制調査に着手する。そして各種調査の結果、刑事責任を追及すべき案件と判断した場合には、検察官への告発を行う。平成27年度の査察調査の処理件数は181件で、うち115件が告発されている(告発率は63.5%)。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「国税犯則」⇒31

分類

タイトル
登録日
解説記事 平成30年4月から査察調査が変わる! 2017年 02月 06日
解説記事 平成29年度税制改正について 2017年 01月 23日
コラム 外部サーバの電子メールの強制差し押さえを可能に 2016年 11月 28日
オフィシャル税務 所得税改革で中間報告も具体案は見送り 2016年 11月 21日
解説記事 平成26年度における税理士法の改正について 2014年 07月 07日
コラム 査察事案 2013年 09月 23日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」667号(2016.11.21「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2017.2.17 ビジネスメールUP! 2351号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで