著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

行為計算否認規定の適用に係る通説


 「行為又は計算が、異常ないし変則的であり、かつ、租税回避以外に正当な理由ないし事業目的が存在しないと認められる場合に法人税法132条が適用される」というもの。IBM事件では、「租税回避以外に正当な理由ないし事業目的が存在しないと認められる」という部分は132条の適用の要件とならないとされる一方、「行為又は計算が、異常ないし変則的」に相当する「行為又は計算が、純粋経済人として不合理、不自然なもの、すなわち、経済的合理性を欠く」が132条の適用要件とされた。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「行為計算否認規定の適用」⇒19

分類

タイトル
登録日
プレミアム税務 有利発行事件確定なら再び課税拡大も 2017年 01月 16日
コラム 同族会社への支払賃料をめぐり所得税の行為計算否認を認める 2016年 09月 19日
解説記事 組織再編に伴う資金借入れで法人税の行為計算否認を適用 2015年 11月 30日
オフィシャル税務 法人税事案での国側敗訴が際立つ 2015年 06月 29日
解説記事 検証・IBM事件 高裁判決〔第1回〕 2015年 04月 27日
プレミアム税務 高裁勝訴がIBM二審の国の主張に影響も 2014年 11月 17日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」674号(2017.1.16「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2017.3.31 ビジネスメールUP! 2368号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで