著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

過失責任


 民法上の一般不法行為責任では、「加害者の故意又は過失」が要件のひとつとされている(「過失責任」の原則)。また、「加害者の故意又は過失」「損害」等の要件は、被害者(原告側)が立証しなければならないが、被害者保護等の観点から、一部には被害者が有利となる例外規定も設けられている。例えば「発行市場」における虚偽開示書類の提出会社の役員等の責任は過失責任であるものの、役員等(被告側)に「加害者の故意又は過失」等の要件が不存在であることの立証責任を負わせている。




週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「過失責任」⇒56

分類

タイトル
登録日
解説記事 エフオーアイの粉飾決算事件、東京地裁判決を読み解く 2017年 03月 06日
コラム 虚偽記載等のある書類の提出者の賠償責任 2015年 05月 04日
解説記事 税理士報酬の請求をめぐる最近の訴訟トラブル 2014年 09月 22日
解説記事 内部統制監査の免除など、金融商品取引法改正案を読み解く 2014年 03月 10日
プレミアム会社法 不正取得による電子化株券も没収可能に 2014年 03月 03日
プレミアム会社法 虚偽記載の賠償責任は「過失責任」に 2013年 12月 23日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」681号(2017.3.6「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2017.5.22 ビジネスメールUP! 2388号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで