著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

CGSガイドライン


 経済産業省に設置されたコーポレート・ガバナンス・システム研究会がまとめた「CGS研究会報告書―実効的なガバナンス体制の構築・運用の手引―」を踏まえ、具体的な取り組み事例などを経済産業省がまとめたもの(3月31日公表。正式名称は「コーポレート・ガバナンス・システムに関する実務指針」)。現在ホットトピックとなっている相談役・顧問の役割及び処遇の明確化などが課題として挙げられており、上場企業がガバナンス改革を進める上でのバイブル的存在になりつつある。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「CGS」⇒12

分類

タイトル
登録日
コラム 元代表取締役会長が相談役に就任した場合も開示が必要か? 2017年 08月 28日
解説記事 問われる相談役・顧問の役割 2017年 08月 21日
解説記事 未来投資戦略2017から読む税務・会計・会社法 2017年 07月 03日
解説記事 「コーポレート・ガバナンス・システムに関する実務指針」(CGSガイドライン)の解説 2017年 05月 22日
プレミアム会社法 経営経験者が積極的に他者の社外取締役に 2017年 04月 07日

コラム

相談役・顧問、会社に置く場合の情報開示は? 2017年 03月 20日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」697号(2017.7.3「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2017.9.22 ビジネスメールUP! 2436号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで