著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

結論の不表明


 監査人が表明する四半期レビューの結論の類型には、「無限定の結論」「除外事項を付した限定付結論」「否定的結論」「結論の不表明」の4種類がある。「結論の不表明」とは、監査人が重要な四半期レビュー手続を実施できなかったことにより、無限定の結論の表明ができない場合、その影響が四半期財務諸表に対する結論の表明ができないほどに重要であると判断したときは、結論を表明してはならないとされている(四半期レビュー基準第三9)。ただし、「結論の不表明」とすることは非常に稀である。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「四半期レビュー」⇒161

分類

タイトル
登録日
プレミアム会計 会計士協会、監査契約書の作成で研究報告 2017年 10月 06日
解説記事 「金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ」報告を踏まえた決算短信等の開示の自由度の向上について 2017年 04月 10日
プレミアム会計 決算短信見直しは平成29年3月期から 2016年 04月 25日
プレミアム会計 IFRS任意適用会社の監査契約書の様式が変更 2016年 03月 03日
プレミアム会計 会計士協会、「監査契約書及び監査約款」の各種様式を更新 2015年 06月 12日

解説記事

四半期報告書作成上の留意点(平成26年6月第1四半期提出用) 2014年 07月 21日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」700号(2017.7.24「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2017.10.18 ビジネスメールUP! 2446号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで