著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

固定資産税の農地評価


 農地における固定資産税は、一般農地、市街化区域農地に区分され、評価及び課税される。一般農地は、農地の売買実例価格を基に評価され、課税の際は一般農地の負担調整措置が講じられる。一方、市街化区域農地は、道路状況など宅地として利用する場合の利便性が類似する宅地の価額を基準とした価額から農地を宅地に転用する場合に必要となる造成費相当額を控除して評価される。ただし、市街化区域農地のうち生産緑地地区は、転用規制があるため一般農地と同様の評価及び課税とされる。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「固定資産税 農地」⇒120

分類

タイトル
登録日
解説記事 実務判断に役立つ相続税の取扱いQ&A 2017年 10月 09日
解説記事 生産緑地内の農地を貸借しても相続税の納税猶予の適用が可能 2017年 10月 02日
解説記事 建替検討中のマンションに関し鑑定評価が行われた場合の評価通達適用の可否 2017年 03月 27日
コラム 農地等の相続税の納税猶予(手続) 2014年 08月 25日
解説記事 平成26年度税制改正、すでに決まった項目は? 2013年 12月 09日
解説記事 無償譲渡で受けた利益と土地の「時価」の関係 2013年 07月 22日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」709号(2017.10.2「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2017.12.25 ビジネスメールUP! 2474号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで