著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

情報解析専門家


 新たなサービス研究開発のサービス設計4工程のうち、取集した情報について専用ソフトウエア等を使用して情報の分析解析等をする専門家のことを指す。「情報解析専門家」といっても特定の国家資格があるわけではない。措置法規則20条1項では、(AIやビッグデータ等により)収集された情報の解析に必要な確率論及び統計学に関する知識並びに情報処理に関して必要な知識を有すると認められる者と定義している。情報解析専門家に関する人件費(試験研究費)は税額控除の対象となる。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「解析」⇒30

分類

タイトル
登録日
プレミアム税務 サービス研究全委託も親会社で税額控除 2017年 10月 02日
解説記事 平成29年度税制改正について 2017年 01月 23日
解説記事 中小企業向け措置法改正の全貌 2016年 12月 12日
コラム 自主点検の「申告書確認表」等の周知、活用が課題 2016年 06月 27日
オフィシャル税務 国税庁、デジタルフォレンジックの取組みを強化へ 2015年 10月 30日
解説記事 多国籍企業の国際的租税回避問題@ 2013年 09月 02日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」709号(2017.10.2「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2017.12.27 ビジネスメールUP! 2475号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで