著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

一体的開示

 実務では、金融商品取引法に基づく有価証券報告書と、会社法に基づく事業報告等の2つの開示書類が作成されている。しかし、「日本再興戦略2016」(平成28年6月2日閣議決定)では、企業と投資家の建設的な対話を促進する観点から一体的開示を行う場合の考え方を整理することとされた。制度上は、会社法と金融商品取引法の両方の要請を満たす1つの書類を作成し、株主総会前に開示できるとされており、金融庁や法務省等では一体的開示を行う企業支援のため、開示の記載例等を示している。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「一体的開示⇒20件

   分類
タイトル
登録日
プレミアム会計 金融庁・法務省等が一体的開示の記載例を示す 2019年 01月 10日
プレミアム会計 取締役全体の報酬合計欄の追加も可能 2018年 06月 18日
解説記事 有価証券報告書作成上の留意点(平成30年3月期提出用) 2018年 04月 30日
プレミアム会計 FASF、一体的開示で「有価証券報告書の開示に関する事項」を公表 2018年 04月 06日
解説記事 企業内容等の開示に関する内閣府令等の改正 2018年 03月 19日
コラム 会計士協会、一体的開示の取組で会長声明 2018年 02月 26日
プレミアム会計 有価証券報告書と事業報告、一定的開示に向けて対応 2018年 01月 12日
コラム 会計士協会、一組の開示書類の開示で作成者等の負担を軽減 2017年 09月 04日
解説記事 未来投資戦略2017から読む税務・会計・会社法 2017年 07月 03日
     
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」770号(2019.1.14「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2019.4.22 ビジネスメールUP! 2659号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで