著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

税務手続のデジタル化

 税務手続のデジタル化は、このところ毎年税制改正のテーマとなっている。平成30年度改正では大法人について法人税・消費税等の電子申告が義務化され、平成31年度及び令和2年度改正では電子帳簿保存法の一部見直しなどが行われた。昨年10月には地方税共通納税システムの稼働も開始している。新型コロナウイルスの感染拡大はいわゆる「書面・押印・対面」の3つの原則が抱える弊害を浮き彫りにし、税務手続のデジタル化推進に向けた取り組みを後押しすることになろう。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果 (注:閲覧にはID・パスワードの取得が必要になります
  キーワード 「デジタル化⇒95件

   分類
タイトル
登録日
解説記事 令和3年度法人関係税制改正の全容 2020年12月14日
コラム 国・地方税とも押印・署名原則廃止、スキャナ保存は抜本改正 2020年12月07日
解説記事 実務に直結する令和3年度の納税環境整備 2020年12月07日
コラム 地方財政審議会、引き続き固定資産税の下落修正措置を 2020年11月30日
解説記事 OECDのデジタル課税及びミニマムタックスに関するブループリント(Blueprint)のポイント 2020年11月16日
オフィシャル税務 政府税調、ウィズコロナ時代の税務手続の電子化を検討 2020年10月15日
解説記事 コロナ禍への対応を迫る各省庁の令和3年度税制改正要望 2020年10月12日
プレミアム会社法 政府、バーチャル総会ガイド作成検討 2020年10月09日
オフィシャル税務 国税庁、内部事務の集約化への体制整備を要求 2020年10月08日
オフィシャル税務 国税庁、新型コロナウイルス感染症対応で予算要求 2020年10月08日
(以上、最新順、資料除く)  

 

週刊「T&A master」848号(2020.9.7「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2020.12.21 ビジネスメールUP! 2891号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで