社外取締役

 

 社外取締役とは、会社法の規定(第2条第1項第十五号)によると、株式会社の取締役であり、現在及び過去において、自社及び子会社の業務を執行する取締役、執行役や社員でない者とされています。これは、現行の商法の規定と同様です。

 社外取締役において、しばしば指摘されるのが独立性の問題です。現在、金融庁が設置している金融審議会では、会社法と証券取引法上の自主規制機関の規則との関係において、社外取締役の独立性の要件が検討項目に挙げられています。ニューヨーク証券取引所の上場規則では、取締役会の過半数を社外取締役にすることを求めるほか、厳格に独立性の要件を明記していますが、我が国でも同様の規定を設けるかどうかが論点になっているわけです。社外取締役の人材不足等から難しいとの意見も根強くありますが、東京証券取引所がまとめたコーポレート・ガバナンスに関するアンケート調査結果によると、社外取締役を選任していると回答した会社は40.6%で前回の調査から12.1ポイント上昇。このうち、利害関係のない社外取締役を選任していると回答した企業も52.3%にのぼっており、自主的な取組みも見受けられています。

 

 

T&A master ニュース関連情報(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「社外取締役」+「独立」
⇒10

西濃運輸が信託銀行に新株予約権を発行するライツプラン導入  2005-05-22
3要件を示す敵対的買収防衛策の在り方の論点公開が明らかに 2005-05-09
日本証券投資顧問業協会・社外取締役等の独立性が問題  2004-08-09
厚生年金基金連合会・株主議決権行使結果を公表 2004-07-12
取締役協会・監査役設置会社のガバナンス・コードを年内公表へ  2004-05-18
約半数の企業が委員会等設置会社に対して「様子見」との回答 2004-04-19
約半数の企業が委員会等設置会社に対して様子見との回答  2004-04-12
社外取締役の独立性に関する判断基準を明らかに 2004-04-05
大株主や取引先の取締役等は社外取締役にNO!  2004-03-24
平成17年通常国会に商法改正案が提出予定 2003-10-06

 

税務・会計・商法を包含する我が国唯一の専門誌!週刊「T&A master」のご購読はこちらまで 

 

週刊「T&A master」127号(2005.8.15「ことばのコンビニ」より転載)

(分類:会社法 2005.9.28 ビジネスメールUP! 757号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで