純資産の部

 

 従来、「純資産」と言えば、貸借対照表上の資産から負債を控除したものとされていた。「純資産の部」とは、貸借対照表上の「資本の部」の名称が変更されたものとされるが、単なる名称変更ではない。企業会計基準委員会の公開草案によると、純資産の部は大きく@株主資本A評価・換算差額等B新株予約権で構成される(個別の場合)。会社法の計算部分を担う法務省令でも「純資産の部」表示を義務付けられることが予想されており、商法、会計基準、税務など、従来の「資本の部」を根拠としていた様々な制度が大きく変更される模様だ。

 

T&A master ニュース関連情報(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「純資産の部」
⇒13

ストック・オプション等会計基準案では費用計上を義務付け 2005-10-24
費用計上を求めるストック・オプション等会計基準案を公表 2005-10-19
会社法のおける新株予約権等の会計処理の実務上の取扱い案を公表 2005-10-19
会社法対応で自己新株予約権の会計処理を明らかに 2005-10-10
在外子会社の会計処理の当面の取扱いが明らかに 2005-10-10
ASB・1株当たり当期純利益に関する会計基準案などを公表 2005-10-03
ASB・1株当たり当期純利益に関する会計基準案などを公表 2005-09-28
1株当たり当期純利益の会計基準案などを見直し 2005-09-12
連結株主資本等変動計算書等の会計基準案を公表 2005-09-05
ASB・純資産の部の表示に関する会計基準案等を公表 2005-08-15
純資産の部の表示に関する会計基準案と適用指針案を決定 2005-08-15
株主資本等変動計算書に関する作成基準の基本方針が明らかに 2005-07-18
病院会計準則改正案がパブコメ募集中 2004-06-07

 

税務・会計・会社法をカバーする専門誌 週刊「T&A master」のご購読はこちらまで 

 

週刊「T&A master」136号(2005.10.31「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2005.11.25 ビジネスメールUP! 780号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで