留保金課税

 

 同族会社の社内留保に対してなされる特別の課税を指す。法人税法67条が規定するが、平成18年度税制改正において、大幅な見直しが行われた。名称も「特定同族会社の特別税率」として変更され、従来の3株主グループによる判定は1株主グループによる判定とされ、課税の及ばない範囲とされる留保控除額も、所得等の40%(中小は50%)、年2000万円、等のうち、いずれか多い金額とされ、結果的に法人税本法に規定する留保金課税の対象は相当縮小された。

 

 T&Amasterニュース関連情報(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
 キーワード 「留保金課税」
⇒33件

注目される「中小法人の範囲」への影響 2006-04-17
広告費課税、納税者番号制度の導入などを盛り込む 2006-04-10
法人税率の引下げや留保金課税の完全停止を求める声が 2006-04-02
1人当たり5,000円以下の飲食費は損金算入可能へ 2005-12-19
全法連が「同族会社の留保金課税の廃止」などを要望 2005-09-26
減価償却制度の見直しやIT投資促進税制などの恒久的措置を求める 2005-08-29
(以上、最新順)

週刊「T&Amaster」158号(2006.4.10「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2006.5.12 ビジネスメールUP! 844号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで