退職慰労金

 

 取締役等の退職や死亡に際して会社から支払われるものを(役員)退職慰労金という。総会決議や定款の定めによることが必要であるが、昨今では、この役員退職慰労金を廃止する会社も少なくない。税務上は、不相当に高額な役員退職慰労金部分は損金とはならない。役員退任時報酬月額×役員在任年数×功績倍率の算式によって算出するケースが多いが、功績倍率や加算金などを巡って税務上のトラブルとなることも多い。

 

  T&A master ニュース関連情報(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「退職慰労金」⇒17

役員賞与の費用処理は18年5月期の中間財務諸表から適用 2005-12-05
厚年基・運用受託機関10社の反対等行使比率は25.5% 2005-09-19
役員賞与の費用処理は平成18年5月期決算法人から適用へ 2005-09-12
厚年基・運用受託機関10社の反対行使比率は25.5% 2005-09-12
役員退任後10日間に限定される新株予約権の権利行使益は退職所得 2004-11-15
反対行使比率は25.4%に大幅アップ! 2004-10-08
(以上、最新順)

週刊「T&A master」159号(2006.4.17「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2006.5.22 ビジネスメールUP! 848号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで