リース取引

 

 リース会計基準では、リースをファイナンス・リースとオペレーティング・リースに区分。前者は売買取引に係る方法、後者は賃貸借取引に係る方法に準じて会計処理することとされている。しかし、リース契約上の諸条件に照らしリース物件の所有権が借手に移転すると認められる以外の取引は、注記を要件に賃貸借取引に係る方法に準じて会計処理を行うことを例外的に認めている。このため、ほとんどの企業が例外処理を採用し、オフバランス化を図っている現状がある。


  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「リース会計基準」⇒12

分類

タイトル
登録日
会計 税務上の調整ができなくてもリース会計基準を策定へ 2006-07-17
コラム まるわかり一週間 2006-07-17
解説記事 例外処理を廃止するリース会計基準の試案 2006-07-10
会計 例外処理を廃止するリース会計基準の試案を公表 2006-07-06
会計 例外処理を廃止するリース会計基準案の試案を公表へ 2006-07-03
コラム まるわかり一週間 2006-07-03
(以上、最新順)  

週刊「T&A master」170号(2006.7.10「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2006.8.9 ビジネスメールUP! 881号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで