自己株式の取得

 

 自己株式の取得とは、会社が自社の発行した株式を取得することをいう。自己株式の取得は、@会社債権者の保護、A株主間の公平の確保、B不公正な株式取引禁止、などを理由として、原則として禁止されてきたが、平成13年6月の商法改正により、一定の制限のもとで認められることになった。会社法は、自己株式を取得できる場合を列挙し、自己株式の取得に関する規定を整備し、手続・方法・財源に規制を設けているものの、自己株式の取得を広範に認めている。

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「自己株式」+「会社法」⇒161

分類

タイトル
登録日
解説記事 企業会計基準第10号「金融商品に関する会計基準」について 2006-10-02
解説記事 会社法・会計基準と法人税法 第5回 その他資本剰余金を原資とする剰余金の配当 2006-10-02
解説記事 プロからの税務相談(法令等の根拠に基づく即決判断)第170回 2006-10-02
解説記事 実務対応報告第19号「繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い」について 2006-09-25
解説記事 会社法・会計基準と法人税法 第4回 剰余金の配当が行われた場合の取扱い 2006-09-25
解説記事 会社法・会計基準と法人税法 第3回 自己株式を処分した場合の取扱い 2006-09-18
(以上、最新順)  

週刊「T&A master」176号(2006.8.28「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2006.10.2 ビジネスメールUP! 900号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで