役員給与

 

 税法上の「役員給与」とは、役員に支払われる給与の総称であり、損金の額に算入されるのは定期同額給与、事前確定届出給与、利益連動給与の3つに限られる。従来、役員給与のうち定期同額給与(以前は「定期定額給与」といわれていた)しか損金算入が認められていなかったが、18年度税制改正は、ボーナス的な性格を持つ事前確定届出給与、利益連動給与の損金算入を認める歴史的な改正となった。一方で、解釈を巡り実務の混乱が広がるという事態も引き起こした。


 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「定期同額給与」⇒32

分類

タイトル
登録日
税務 複数回に及ぶ給与改定は、改定理由で“根っこ”の有無を判断 2007-01-22
解説記事 最新Q&Aと19年度税制改正で役員給与税制はこうなる! 2007-01-08
資料 役員給与に関する質疑応答事例 2007-01-08
解説記事 平成19年度税制改正大綱を徹底分析 2006-12-25
資料 平成19年度税制改正大綱 2006-12-25
資料 役員給与に関する質疑応答事例(平成18年12月) 2006-12-21
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」191号(2006.12.18「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2007.1.24 ビジネスメールUP! 942号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで