会社法上の内部統制システム

 会社法362条4項6号等の「業務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制」を指し、これを受け会社法施行規則100条1項等では、@取締役の職務執行に係る情報の保存・管理に関する体制、A損失の危険の管理に関する規程その他の体制、B取締役の職務執行が効率的に行われることを確保するための体制、C使用人の職務執行が法令・定款に適合することを確保するための体制、D企業集団における業務の適正を確保するための体制を規定している。


  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「内部統制システム」⇒79

分類

タイトル
登録日
解説記事 内部統制の基本を再考する 2007-02-05
コラム 内部統制と取締役の責任 2007-01-29
解説記事 内部統制に係る法制上の枠組み 2007-01-15
コラム 日本監査役協会、内部統制システムに関して30社長にインタビュー 2007-01-15
資料 FROM INTERNET 2006-12-25
会社法 内部統制システム等、監査役監査基準案を公表 2006-12-20
(以上、最新順)  

週刊「T&A master」194号(2007.1.15「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法等 2007.2.7 ビジネスメールUP! 948号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで