監査役監査基準

 

 日本監査役協会においてひな型の策定や協会意見の取りまとめを行う監査法規委員会が策定し、同協会として公表している監査役の行動基準。昭和50年3月25日に制定され、7度目となる今回の改定では、会社法の施行や監査役を巡る環境変化に対応し、「具体的・体系的実務指針として必要な改定」(同協会)がなされた。対象は会社法上の大会社(主として上場会社)であるが、大会社でない会社の場合にも、監査役監査基準を参考にした監査の実施が望まれている。


  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「
監査役監査基準」⇒18

分類

タイトル
登録日
会社法 内部統制システムに係る監査の実施基準案が公表 2007-03-19
会社法 改定監査役監査基準、内部統制のの監査に係る規定を充実化 2007-02-19
会社法 監査役協会、内部統制システムを踏まえ監査役監査基準を改定 2007-02-07
資料 FROM INTERNET 2006-12-25
会社法 内部統制システム等、監査役監査基準案を公表 2006-12-20
資料 FROM INTERNET 2005-10-31
(以上、最新順)  

週刊「T&A master」199号(2007.2.19「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法等 2007.3.26 ビジネスメールUP! 966号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで