租税回避

 

 租税回避とは、一般的に、通常用いられない法形式を選択することにより課税要件の充足を避け、税負担を減少させる行為を指すとされる。ただし、租税回避は違法行為ではないことから、罰則や重加算税は課されないと考えられる。この点、税の負担を不法に免れる脱税とは区別される。租税回避に対する否認規定としては「同族会社の行為計算否認」があるが、非同族会社の租税回避に対して否認を行う場合には、税法上の“実質主義”が根拠となろう。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「租税回避」+「脱税」⇒46

分類

タイトル
登録日
資料 税制調査会第11回企画会合・第6回調査分析部会合同会議(5月22日開催)議事録 2007年 06月 27日
資料 税制調査会第10回企画会合・第5回調査分析部会合同会議(5月17日開催)議事録 2007年 06月 22日
資料 税制調査会第12回企画会合(6月8日開催)後の香西会長記者会見の模様

2007年 06月 15日

資料 税制調査会第7回企画会合・第2回調査分析部会合同会議(4月13日開催)議事録

2007年 05月 09日

コラム 今国会に内閣が提出を予定する主な法案の概要

2007年 02月 12日

資料 FROM INTERNET

2007年 01月 22日

(以上、最新順)

週刊「T&A master」216号(2007.6.25「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2007.8.3 ビジネスメールUP! 1018号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで