重要性の原則

 

 企業会計原則注解(注解1)によると、重要性の原則の適用については、企業会計の目的は企業内容の財務内容を明らかにし、企業の状況に関する利害関係者の判断を誤らせないようにすることにあるため、重要性の乏しいものについては、本来の厳密な会計処理によらず他の簡便な方法によることも認められるとしている。持分法の適用範囲の決定、子会社の決算日が連結決算日と異なる場合の仮決算の手続などについても重要性の原則が適用される。

 

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「重要性の原則」⇒9

分類

タイトル
登録日
解説記事 関連会社の会計処理の統一に関する当面の取扱い案を読み解く 2007年 11月 05日
コラム 関連会社の会計方針の統一で持分法会計基準を創設へ 2007年 09月 24日
解説記事 企業会計基準適用指針第15号「一定の特別目的会社に係る開示に関する適用指針」の解説 2007年 05月 14日
資料 企業会計基準適用指針公開草案第22号 一定の特別目的会社の開示に関する適用指針(案) 2007年 02月 05日
オフィシャル税務 ドコモ「少額減価償却資産」訴訟、9社いずれも控訴棄却 2006年 07月 31日
解説記事 証券市場問題に関する自民党の提言を読み解く 2006年 02月 27日
(以上、最新順)

週刊「T&A master」228号(2007.9.24「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2007.11.9 ビジネスメールUP! 1054号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで