所有権移転外ファイナンス・リース

 ファイナンス・リースは、原則として売買取引に係る方法に準じて会計処理を行うことになるが、リース契約上の諸条件に照らしてリース物件の所有権が借手に移転すると認められる以外の取引については、例外的に注記を要件に賃貸借処理取引に係る方法に準じて会計処理を行うことを認めている。ほとんどの企業が例外処理を採用している現状があるが、平成20年4月1日から適用される新リース会計基準では、この例外処理が廃止されることになる。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「ファイナンス・リース」⇒89

分類

タイトル
登録日
プレミアム会社法 会社法施行規則改正案、事業報告の役員報酬開示を開示方法に応じ区分 2008年 02月 11日
プレミアム会計 リース会計や棚卸資産評価会計基準に対応した中小企業会計指針案が公表 2008年 01月 28日
プレミアム会計 リース会計基準改正に伴い減損会計適用指針を一部修正

2008年 01月 28日

プレミアム会計 ASBJ、減損会計適用指針を技術的に一部修正

2008年 01月 24日

コラム 新リース税制の実務で最低限確認すべきこと 2008年 01月 14日
プレミアム会計 リース会計基準改正に伴い減損会計適用指針を12月中に修正

2007年 12月 10日

(以上、最新順)

週刊「T&A master」244号(2008.1.28「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2008.3.17 ビジネスメールUP! 1100号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで