臨時的な給与

 旧法人税法35条4項で役員賞与となる給与として規定されていたもの。単に給与の支給時期、支給額があらかじめ定められているか否かで一律に決まるものではなく、その支給時期、支給回数、支給の趣旨等が年間のその他の給与の支給状況全体との関連で考察され、経常性のない一時的なものと認められた場合に、臨時的な給与に該当するとされている。なお、平成18年度税制改正において、事前確定届出給与、利益連動給与の規定が導入されている。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「利益連動給与」⇒51

分類

タイトル
登録日
解説記事 役員給与課税の本質を衝く!(後) 2008年 04月 21日
解説記事 役員給与課税の本質を衝く!(前)

2008年 04月 14日

解説記事 プロからの税務相談(法令等の根拠に基づく即決判断)第237回

2008年 02月 25日

解説記事 事業年度・役員給与に係る法人税基本通達の一部改正について

2008年 01月 28日

解説記事 役員報酬・賞与に係る商法(会社法)・企業会計・税法上の取扱いの変遷について

2007年 10月 29日

解説記事 中小企業のための役員給与税制Q&A

2007年 06月 04日

(以上、最新順)

週刊「T&A master」261号(2008.6.9「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2008.7.28 ビジネスメールUP! 1153号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで