反面調査

 法人税調査における反面調査は、調査法人の売上先や仕入先、取引銀行等に対する調査を指す。法人税法では、税務職員は法人税に関する調査について必要があるときは、法人に対し金銭の支払いもしくは物品の譲渡をする義務があると認められる者または金銭の支払いもしくは物品の譲渡を受ける権利があると認められる者に質問し、またはその事業に関する帳簿書類を検査することができると規定している(154条)。所得税法にも反面調査に係る規定がある(234条)。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「法人 税務職員」⇒48

分類

タイトル
登録日
コラム 税務処理にはストーリーが必要 2008年 07月 28日
資料 税理士に対する懲戒処分等の情報を掲載しました

2008年 03月 31日

資料 「税理士・税理士法人に対する懲戒処分等の考え方」(案)に対する意見募集について、ご意見をお寄せください。

2007年 12月 14日

資料 抜本的な税制改革に向けた基本的考え方

2007年 12月 03日

資料 政府税制調査会「抜本的税制改革に向けた基本的考え方」(平成19年11月) 2007年 11月 21日
解説記事 最近の最高裁判決にみる「正当な理由」の意義とその問題点

2007年 05月 21日

(以上、最新順)

週刊「T&A master」275号(2008.9.22「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2008.11.5 ビジネスメールUP! 1191号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで