欠損金の繰戻し還付の復活に注目

「あまり怖がらずに繰戻し還付請求をするべきだと思っているよ。」金吉

法人顧客に新年のあいさつ回りをしている石部金吉税理士には、欠損金の繰戻し還付の相談が寄せられているようです。

 「みどり、法人の顧客を回ってみたんだけど、今期の業績は厳しそうだね。赤字を計上して繰戻し還付する場合の問題について相談されたよ。」石部金吉税理士は、昨日までの優良企業が赤字申告を検討している状況から不況の厳しい現実を受け止めているようです。

 「欠損金の繰戻し還付は平成21年度税制改正大綱にあげられた復活項目ね。私はまだ法人税の繰戻し還付請求書を作成したことがないんだけど、請求書の作成は難しいのかしら?」石部みどり税理士は欠損金の繰戻し還付請求の実感がわかない様子です。

「還付請求書の作成自体は難しいわけではないんだよ。僕も忘れかけてしまっているけど、面倒なのは税務調査を呼び込むことになりやしないかという問題なんだよ。」

「繰戻し還付請求書を提出すると、税務署の調査があるの?」

「繰戻し還付請求の場合には、調査したところによると規定されているんだよ。繰戻し還付というのは前事業年度が黒字申告で、当事業年度が赤字の場合に行われるわけだから、中小企業にあっては、比較的優良な企業が対象になるわけで、経営者の税務調査への危機感も大きいんだよ。」

「毎年赤字申告の会社は、繰戻し還付の対象にはならないってわけね。」

「そうはいっても、今の不況は急激な景気の冷込みによるものだから、繰戻し還付の対象となる中小企業も相当数あると思うね。」

「当期が赤字になったからといって繰戻し還付請求をしなくたっていいのよね。」

「そうだね。繰戻しせずに欠損金を繰越控除の対象とすることもできるわけだけど、資金繰りのことも考えると、赤字なのに繰戻し還付請求をしないことも不自然のような気がするのさ。」

「中小企業の経営者はそんなに税務調査がいやなのかしら?」

「まあ、人それぞれとしか言いようがないと思うよ。だけど、多くの中小企業が繰戻し還付を行うことになれば、税務署もそればかりを調査しているわけにはいかないと思うんだよ。それに、通常の法人税申告の調査に比べれば、簡易な調査になるともいわれているんだね。いずれにしても、税理士からすると、顧客が心配していることだし、繰戻し還付請求を行った場合の税務署の対応がとても気になるってことだね。」

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「欠損金の繰戻し還付」⇒31

分類

タイトル
登録日
オフィシャル税務 大企業における欠損金の繰戻し還付復活や贈与税の基礎控除拡大を求める 2009年 03月 09日
コラム 今年もまた「日切れ法案」でもめるのかな?

2009年 02月 02日

解説記事 平成21年度税制改正大綱を徹底分析

2008年 12月 22日

資料 平成21年度税制改正大綱

2008年 12月 22日

オフィシャル税務 与党、平成21年度税制改正大綱を決定 2008年 12月 16日
解説記事 遺産取得課税方式見送りで「事業承継者控除」を創設 2008年 12月 15日
(以上、最新順)  

週刊「T&A master」290号(2009.1.12「石部家の人びと―父と娘の税理士問答」より転載)

(分類:その他 2009.3.13 ビジネスメールUP! 1239号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで