給付付き税額控除

 税額控除額が所得税額を上回る場合、控除しきれない額を現金で給付する制度で、既に多くの先進国で導入されている。民主党では、現金での給付を行う前に、まず年金や医療等の社会保険料負担分と相殺することを検討するという。所得税における給付付き税額控除は与党も検討しているが、民主党では、消費税に関しても、年間の基礎的な消費支出に係る消費税相当額を一律に税額控除し、控除しきれない部分を給付する形で、給付付き税額控除の導入を検討している。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「給付付き税額控除」⇒23

分類

タイトル
登録日
資料 所得税法等の一部を改正する法律案要綱 2009年 02月 02日
オフィシャル税務 消費税引上げは平成23年度までに措置するも施行期日は別途手当て

2009年 02月 02日

解説記事 税制をめぐる動向について−与野党の主張から検証する

2009年 01月 26日

解説記事 税制改正、与党と民主党との違いを検証 2009年 01月 19日
オフィシャル税務 民主党、税制改正プロセスの抜本改革を提唱 2009年 01月 05日
オフィシャル税務 消費税を含む税制抜本改革は景気回復を条件に2011年度から 2008年 12月 25日
(以上、最新順)

週刊「T&A master」291号(2009.1.19「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2009.3.18 ビジネスメールUP! 1241号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで