遡及適用

 「会計上の変更及び過去の誤謬に関する会計基準(案)」によれば、「遡及適用」とは、新たな会計方針を過去の財務諸表に遡って適用していたかのように会計処理することと定義されている。また、「財務諸表の組替え」とは、新たな表示方法を過去の財務諸表に遡って適用していたかのように表示を変更することをいい、「修正再表示」とは、過去の財務諸表における誤謬の訂正を財務諸表に反映するための修正を行うことと定義されている。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「遡及適用」⇒69

分類

タイトル
登録日
解説記事 DES・自己株式の譲渡に債務消滅益の認定 2009年 06月 08日
解説記事 企業会計基準公開草案第33号「会計上の変更及び過去の誤謬に関する会計基準(案)」等について

2009年 05月 25日

解説記事 「経済危機対策」と緊急税制改正の概要 2009年 04月 27日
プレミアム会計 会計上の変更など、遡及適用の取扱い案を公表

2009年 04月 20日

プレミアム会計 会計上の変更など、遡及修正の取扱い案を公表

2009年 03月 30日

コラム 会計上の変更及び過去の誤謬に関する会計基準案が公表へ 2009年 04月 13日
(以上、最新順)

週刊「T&A master」303号(2009.4.20「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2009.6.24 ビジネスメールUP! 1278号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで