テラメント株式会社が提出した大量保有報告書

 テラメント株式会社は平成20年1月25日、関東財務局に対して、トヨタ自動車など、上場企業6社の株式(総額20兆円超)を取得したとする虚偽の大量保有報告書を提出していたが、同財務局は平成21年5月29日に公衆縦覧に供しない旨を決定した。従来は虚偽記載でも公衆縦覧を取り止めることができなかったが、改正金融商品取引法(平成20年6月13日法律第65号)により、公衆縦覧に供しないことができることとされた(金商法27条の28第4項)。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「大量保有報告書」⇒68

分類

タイトル
登録日
コラム 上場会社で特別利害関係者間の取引を整理する方法は? 2009年 08月 03日
プレミアム会社法 テラメント株式会社が提出した大量保有報告書を削除 2009年 06月 02日
プレミアム会社法 対内直接投資促進のため、外国投資家等の事務負担を軽減へ

2009年 04月 21日

解説記事 金融商品取引法改正後の課徴金制度における実務上の留意点

2009年 02月 23日

解説記事 課徴金制度の見直しに係る政府令整備の要点 2009年 02月 09日
解説記事 大量保有報告制度およびEDINETの運用改善に係る政府令改正の要点 2009年 01月 05日
(以上、最新順)  

週刊「T&A master」309号(2009.6.8「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2009.8.5 ビジネスメールUP! 1295号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで