包括利益

 包括利益とは、純利益に株式や不動産など、企業の資産・負債を時価評価した株主資本の増減額を損益として加算した利益のこと。決算操作が難しいとされ、企業の実態の透明性が高まるなどのメリットがある。ただし、業績が株価や為替、不動産などの市場の動向によって大きく変動するというデメリットがある。また、わが国では、純利益が経営指標として定着し、投資家の判断材料とされているほか、本業の利益がわかりにくいなどの点から導入に反対する意見が多い。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「包括利益」⇒56

分類

タイトル
登録日
コラム 財務諸表の表示の論点整理へのコメントと今後の方向性 2009年 10月 05日
資料 FROM INTERNET

2009年 09月 21日

コラム 公開草案「金融商品:分類及び測定」

2009年 09月 21日

プレミアム会計 全銀協と生保協会がIASBの金融商品公開草案に対して意見提出

2009年 09月 15日

プレミアム会計 受取配当金等の純損益での認識や非上場株式等の公正価値評価に反対

2009年 09月 14日

プレミアム会計 リサイクリングを前提に受取配当金等は純利益で

2009年 09月 07日

(以上、最新順)  

週刊「T&A master」318号(2009.8.10「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2009.10.26 ビジネスメールUP! 1325号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで