非同族の同族会社

 法人税法上、同族会社ではあるが、非同族会社である法人を同族会社の判定の基礎となる株式から除くと、同族会社とはならない会社のことを指す。近年は持株会社制を採用する企業グループが急増しているが、「○○ホールディング」などと呼ばれる持株会社の子会社もこれに該当する。上場持株会社の子会社は大企業の性格を持つが、非同族の同族会社に該当するために包括否認規定の適用対象となり、また利益連動給与の損金算入規定の適用も受けることができない。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「同族会社 法人税法」⇒251

分類

タイトル
登録日
解説記事 未曾有の景気悪化に対応する法人税実務 第3回 税コスト削減策(1) 2009年 09月 14日
解説記事 役員報酬の仮装経理の有無とDES等における債務免除益等の存否

2009年 09月 07日

解説記事 当初の遺産分割による申告に錯誤があったとする再遺産分割による更正の請求等の可否 2009年 07月 20日
プレミアム税務 交際費課税や留保金課税の適用に、親会社の資本金も勘案すべきとの声 2009年 06月 15日
解説記事 医療用機器等に対する中小企業者特別償却等の適用可否 2009年 05月 04日
資料 FROM INTERNET 2009年 04月 27日
(以上、最新順)

週刊「T&A master」319号(2009.8.24「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2009.10.30 ビジネスメールUP! 1327号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで