グループ法人税制

 財務省等が平成22年度税制改正に向け創り出した概念で、グループ法人一般に対する課税の取扱いを指す。各省の税制改正要望等では「グループ法人税制の整備」と一括りにされているが、これには、@企業グループ内の一定資産の譲渡損益を繰り延べる「グループ法人単体課税制度」、A受取配当等の益金不算入規定を利用した節税スキームの封込め策、B軽減税率など中小法人への課税特例適用上、親法人の資本金を考慮する案、C連結納税制度の改正等が含まれる。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「グループ法人税制」⇒26

分類

タイトル
登録日
解説記事 資本に関係する取引税制とグループ法人税制、国際税制改正の解説と検討 2010年 01月 18日
解説記事 租税特別措置の存廃が特徴の22年度税制改正大綱が閣議決定 2009年 12月 28日
プレミアム税務 適格分社型分割等に伴う売買目的有価証券等の移転、時価評価対象に 2009年 12月 21日
資料 平成22年度税制改正で要望が認められた主な項目(地方税)

2009年 12月 21日

資料 平成22年度税制改正で要望が認められた主な項目(国税)

2009年 12月 21日

解説記事 親会社の資本金「5億円未満」なら中小特例の適用継続

2009年 12月 14日

(以上、最新順)

週刊「T&A master」329号(2009.11.9「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2010.1.25 ビジネスメールUP! 1358号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで