IFRS適用会社の決算短信

 上場制度整備懇談会ディスクロージャー部会報告では、IFRS適用により数値の算定が困難になる項目、新しい概念に基づく項目が発生すること、適用により開示内容が従来と大きく異なる場合が想定されるとし、決算短信において開示すべきサマリー情報・定性的情報・財務諸表(注記含む)における開示内容を検討。@サマリー情報、A定性的情報、B連結財務諸表、C個別財務諸表、Dその他について構成および具体的な開示事項を掲げる「決算短信イメージ」を提示した。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

 T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「IFRS 適用会社」⇒9

分類

タイトル
登録日
プレミアム会計 中小企業の会計基準は税法を考慮した会計処理をベースに 2010年 05月 31日
コラム 7月上旬に向けて非上場会社の会計基準作りがスタート 2010年 03月 15日
解説記事 日本経団連「会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型」改訂について 2010年 02月 15日
解説記事 Q&Aで読み解く非上場会社の会計基準

2010年 02月 08日

解説記事 IFRSの任意適用に係る連結財務諸表規則等の改正の要点

2010年 02月 01日

解説記事 「上場制度整備の実行計画2009」の公表と今後の方針

2009年 10月 26日

(以上、最新順)

 

週刊「T&A master」349号(2010.4.5「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2010.6.4 ビジネスメールUP! 1410号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで