従業員株式所有制度

 信託等を利用した従業員株式所有制度とは、「株券の発行会社の役員、使用人、子会社等の従業員またはこれらの者を対象とする持株会に会社の株式を一定の計画に従い、継続的に取得等させることを目的とし、当該株式の取得等を行う信託等を利用した制度」のこと。@従業員株式所有制度の概要、A従業員持株制度に取得等させる予定の株式の総数または総額、B従業員株式所有制度による受益権等を受けることができる者の範囲を有価証券報告書に開示することとされている。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

 T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「従業員株式所有制度」⇒8

分類

タイトル
登録日

解説記事

有価証券報告書作成上の留意点(平成22年3月期)について 2010年 05月 31日

解説記事

第三者割当ての開示の充実等に係る内閣府令等の改正の要点 2010年 02月 01日

プレミアム税務

日本版ESOP、現行会社法・税法の枠組みのなかで実現可能

2008年 11月 24日

プレミアム会社法

日本版ESOP実現で税務、会社法は問題なし

2008年 11月 20日

プレミアム税務

ESOPでは信託財産に帰すべき費用・収益は法人の損金・益金に 2008年 11月 17日
     
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」356号(2010.5.31「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2010.7.16 ビジネスメールUP! 1428号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで