会計参与制度の現状

 平成22年5月26日に開催された法制審議会会社法制部会第2回会議で参考人として意見を述べた日本税理士会連合会常務理事により、同年4月末時点での状況が説明された。これによると、税理士が会計参与に就任する際に必要な税理士資格証明書(日本税理士会連合会発行)の発行件数は759件、発行人数は303人であることが明らかになった(税理士法人の就任件数は把握されていない)。関与先となる中小企業の厳しい経営環境が普及伸び悩みの一因とされる。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

 T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「会計参与制度」⇒66

分類

タイトル
登録日

プレミアム会社法

会社法制部会の第2回会議が開催、日税連など参考人から報告等 2010年 06月 07日

プレミアム会計

中小企業の会計基準は税法を考慮した会計処理をベースに

2010年 05月 31日

解説記事

Q&Aで読み解く非上場会社の会計基準

2010年 02月 08日

プレミアム会計

中小企業会計指針完全準拠の企業は14.2%と低迷

2009年 09月 21日

プレミアム会計

「中小企業の会計」を知っている企業は42.4%

2009年 09月 14日

     
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」357号(2010.6.7「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2010.7.26 ビジネスメールUP! 1431号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで