ダイナミック・アプローチ

 企業会計審議会が平成21年6月30日に公表した「我が国における国際会計基準の取扱いに関する意見書(中間報告)」では、「連結先行」の考え方が示されている。連結先行の考え方の1つといえるダイナミック・アプローチとは、「連結財務諸表に係る会計基準と個別財務諸表に係る会計基準の双方がダイナミックに発展・変化していく中で、両者の間の整合性を確保しつつ、両者の間のズレを時間軸の中で容認。」とする考え方であるとしている。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

 T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「連結先行」⇒25

分類

タイトル
登録日

コラム

開発費の資産計上などは実質的に連単分離となる可能性 2010年 07月 19日

プレミアム会計

連結先行となった包括利益の表示の会計基準が決定

2010年 07月 05日

プレミアム会計

個別財務諸表に係る連結先行について改めて検討

2010年 06月 21日

コラム

上場会社の個別財務諸表の会計基準はどうなる?

2010年 04月 26日

プレミアム会計

包括利益の表示に関する会計基準の議決の先送りが決定 2010年 04月 05日

コラム

個別財務諸表にも包括利益の表示が適用されるか!? 2010年 03月 22日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」358号(2010.6.14「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2010.7.28 ビジネスメールUP! 1432号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで