税と会計の分離

 法人税法は、株主総会の承認を受けた決算書の当期利益をベースに、「別段の定め」に基づき種々の加・減算を行う確定決算主義を建前とする。それを端的に示す損金経理要件のもとでは、会計上費用にしていないものは損金算入もできない。一方、国際会計基準の導入で、税と会計が別々の経理処理を行う「税と会計の分離」が加速しそうだが、損金経理要件は、会計上の決算を良く見せる一方で節税を図りたい企業の欲求を抑制し、粉飾決算を防止するとの意見もある。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

 T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「損金経理要件」⇒34

分類

タイトル
登録日

プレミアム税務

IFRS下で250%定率法採用不可なら損金経理要件廃止議論が浮上も

2010年 08月 02日

資料

FROM INTERNET

2010年 07月 05日

オフィシャル税務

会計士協会、確定決算主義の在り方の弾力的見直しを

2010年 06月 29日

プレミアム会計

確定決算主義の放棄の議論は時期尚早

2010年 06月 15日

コラム

貸倒損失の税務

2010年 03月 29日

コラム

豪州では税法がIFRS採用の障害にならず

2009年 11月 09日

(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」365号(2010.8.2「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2010.9.17 ビジネスメールUP! 1452号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで