見せ玉

 株式売買において約定する意思がないにもかかわらず大量の注文を出すなどの行為を見(み)せ玉(ぎょく)といい、見(み)せ板(いた)と同義。たとえば、約定する意思のない買い注文により買い板を厚くみせて高値での買い注文を誘引し、株価を上昇させたところで同株券を売り付けるなどの方法は、他の投資者の判断を誤らせ、証券市場の適正な価格形成を阻害するものとして、金融商品取引法159条2項1号で禁止される、取引を誘引する目的で行われる相場を変動させる一連の売買等に該当する。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

 T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「株式売買」⇒34

分類

タイトル
登録日

オフィシャル税務

税務調査で指摘のみなし配当、益金不算入制度の適用は不可

2010年 03月 15日

オフィシャル税務

連基通8−1−23(1)「売買実例」に第三者割当ては含まれず

2009年 11月 23日

プレミアム税務

22年度改正での封込めを視野にみなし配当活用の節税策に駆込みも

2009年 10月 12日

解説記事

相続開始前の株式売買契約(相続税対策)の課税上の効力―仮装行為否認の限界―

2009年 01月 12日

プレミアム会社法

「インサイダー取引規制に関するQ&A」が追加

2008年 11月 25日

     
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」370号(2010.9.13「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2010.10.25 ビジネスメールUP! 1466号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで