中小企業の軽減税率

 平成21年度税制改正では、中小企業等の平成21年4月1日から平成23年3月31日までの間に終了する各事業年度の所得金額のうち、年800万円以下の金額に対する法人税の軽減税率については、現行の22%から18%に引き下げられている。全国法人会総連合の平成23年度税制改正に関する提言では、2年間の時限措置ではなく恒久化すべきとしたほか、軽減税率の適用課税所得金額については、少なくとも1,600万円程度へ引き上げるよう求めている。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

 T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「中小企業 軽減税率」⇒154

分類

タイトル
登録日

オフィシャル税務

減価償却制度見直し、繰越欠損金使用制限の23年度改正での実現濃厚 2010年 11月 08日

オフィシャル税務

全法連が事業承継税制アンケートを踏まえ要件緩和を求める 2010年 10月 04日

プレミアム税務

オーナーへの給与所得控除見直しが中小企業軽減税率引下げの前提も

2010年 09月 06日

オフィシャル税務

法人実効税率の引下げ、化石燃料課税強化の検討を要望へ

2010年 08月 30日

解説記事

法人税基本通達等を踏まえたグループ税制Quiz 2010年 08月 09日

コラム

適用の制限 2010年 08月 09日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」372号(2010.10.4「今週の専門用語」より転載)

(分類:税制改正 2010.11.08 ビジネスメールUP! 1471号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで