会社法上有効な監査役(会)の権限

 日本監査役協会による平成22年7〜8月実施の調査では、会社法で規定される監査役(会)の権限のうち特に有効だと思うものとし、3,677社の回答会社からは@事業報告請求権、業務・財産状況調査権(93.1%)、A会計監査人に対する報告請求権(80.3%)、B取締役の違法行為差止請求権(78.3%)、C監査役の選任議案の同意権(74.3%)、D子会社に対する@の権限(72.9%)、E内部統制システムに関する取締役会決議の内容の相当性の判断(72.3%)等が挙げられた。

 

 

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

 T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「監査役 権限 有効」⇒50

分類

タイトル
登録日

プレミアム会社法

監査役協会、本年6月総会を含む定時総会前後の役員構成など調査

2010年 10月 25日

解説記事

公開会社法、民主党における検討の到達点に迫る

2010年 01月 25日

解説記事

コーポレート・ガバナンスの向上に向けた環境整備等に係る上場制度整備の概要と実務上の留意事項

2010年 01月 25日

解説記事

議決権行使等を巡る諸課題と次期定時株主総会に向けての検討 第2回 コーポレート・ガバナンス関係

2009年 12月 07日

プレミアム会社法

金融審の市場国際化SG、報告案をおおむね了承

2009年 06月 22日

プレミアム会計

内部統制監査の期末スケジュール、未定の会社が多数

2009年 02月 17日

(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」375号(2010.10.25「今週の専門用語」より転載)

(分類:会社法 2010.11.29 ビジネスメールUP! 1480号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで