未経過固定資産税相当額

 固定資産税はその年の1月1日の所有者に課税される。このため、年の途中で固定資産の売買が行われた場合、買主が売主に対して「購入日〜12月31日」の期間に対応する未経過固定資産税相当額を支払うのが慣習となっている。「相当額」としているのは、固定資産税の納税義務はあくまで売主にあるため。したがって、未経過固定資産税相当額は、固定資産の取得価額を構成し、法人税・所得税上の譲渡益や、消費税の課税売上割合の計算等に影響を与えることになる。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「固定資産税 1月1日」⇒55

分類

タイトル
登録日

解説記事

分割に際して未経過固定資産税相当額の金銭が交付される場合の取扱い(上) 2011年 05月 23日

オフィシャル税務

最高裁が建替え中の住宅用地の固定資産税の特例の可否で判断

2011年 04月 11日

解説記事

税制から見た新公益法人制度の留意点(1)

2011年 02月 07日

オフィシャル税務

新築住宅に係る固定資産税減額、航空機燃料税の引下げ等を要望 2010年 11月 08日

コラム

地目宅地の土地を私道と認定、類似不動産を変更

2009年 08月 03日

     
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」403号(2011.5.23「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2011.7.11 ビジネスメールUP! 1565号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで