CCCの株価、TOB価格を上回る決定
大阪地裁、ナカリセバ価格+MBOによる増加価値分配価格=649円と決定

・ 大阪地裁、カルチュア・コンビニエンス・クラブの株主が申し立てた株式取得価格を649円と決定。
・ 松田裁判長、「公正な価格」を@ナカリセバ価格とAMBOによる増加価値分配価格を合算して算定。
・ Aの増加価値分配価格、MBO実施で増大が期待される価値を買収者と反対株主で1対1で分配。

 本事案は、MBOの一環として行われたカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCCという。)による全部取得条項付種類株式の取得に反対した申立人(個人株主)が、会社法172条1項に基づき、保有していた全部取得条項付種類株式100株の取得価格の決定を裁判所に求めていたもの。買収目的会社は、MBOの一環としてCCCの普通株式1株につき600円で公開買付けを実施。公開買付けの後、CCCは上場を廃止していた。
 大阪地裁第4民事部の松田亨裁判長は4月13日、本件対象株式の取得価格は、本件取得日における公正な価格であり、具体的には、@本件MBOが行われることがなければ有していたであろう価格(ナカリセバ価格)とA本件MBOによって増大が期待される価値のうち反対株主が享受してしかるべき部分の価格(増加価値分配価格)とを合算して算定することになるとの判断を示した。
 松田裁判長は、@のナカリセバ価格は、本件取得日にできる限り近接したものとして、本件公開買付け公表前1か月間の市場価格の平均終値である469円とした。またAの増加価値分配価格は、「MBO実施後の増大が期待される対象会社の企業価値を前提とした株式価値」からナカリセバ価格を差し引いた「MBOの実施によって増大が期待される価値」を1対1で買収者と反対株主に分配したうちの反対株主に分配される1株当たりの株式価値であるとした。
 そのうえで、「MBO実施後の増大が期待される対象会社の企業価値を前提とした株式価値」はDCF法による評価方法が合理的であるとして、中立的な立場であるとしたプルータスの算定結果を参照し、830円が相当であるとした。松田裁判長は、この830円からナカリセバ価格469円を差し引いた361円が「MBOの実施によって増大が期待される価値」であり、この361円を1対1で分配した180円が本件対象株式の増加価値分配価格になると指摘。
 本件対象株式の取得価格は、ナカリセバ価格469円と増加価値分配価格180円とを合算した649円となると結論付けた。
 なお、本決定は申立人・相手方の双方から抗告の申立てがなく既に確定している。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「CCC 株価」⇒26

分類

タイトル
登録日

解説記事

金融商品取引法上の課徴金制度と近時の運用状況

2010年 06月 07日

解説記事

投資事業組合を通じて取得した新株予約権行使益の課税関係

2009年 01月 05日

コラム

レックスHDのMBOを巡る株式取得価格決定の判断過程

2008年 10月 06日

コラム

ライブドア有報虚偽記載事件と金商法21条の2の適用

2008年 06月 30日

コラム

西武鉄道の有報虚偽記載事件と損害賠償請求成否の判断

2008年 05月 26日

コラム

ブルドックソース買収防衛策に係る裁判所決定を読み解く(1)

2007年 08月 27日

(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」453号(2012.6.4「今週のニュース」より転載)

(分類:会社法 2012.8.24 ビジネスメールUP! 1721号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで