雑誌+記事データベース



2014年5月分バックナンバー
もどる


日経新聞5月20日掲載広告

■ 最新号(5月19日号)より一部紹介  最新号 目次

検証 ヤフー事件 第三弾
特定役員への就任を132条の2で否認可能か


「先端設備」要件満たさなくても現行制度の適用可能
生産性向上設備投資減税と中小企業投資減税との違いは?

今度は同族会社に係る行為計算否認規定の適用が争点
IBM判決、事実認定が勝敗の分かれ目に


開発費の資産計上などはIFRSを受け入れへ

日本版IFRS、「のれん」は修正の方向


「相続株式の評価額を巡る判決に基づく更正の請求は可能か?」や
未公開裁決事例など、
盛りだくさんの最新号の見本誌請求はこちらまで

■ 今回のおすすめ記事

勤務税理士にも賠償命令が
相続税の申告業務をめぐる最近の訴訟トラブル
(4月28日号)

資産の貸付けでは消基通と乖離するケースが

再検証! 施行日をまたぐ取引の適用税率(4月21日号)

日本の親会社で益金算入の可能性も
外国子会社配当益金不算入制度見直しへ
(4月28日号)

公取委、「買いたたき」があれば厳正に対処
消費税の転嫁対策調査、税込価格“据え置き"に照準
(5月12日号)




本誌読者が注目した記事ベスト5(4月分)

1 検証 ヤフー・IDCF事件(4月14日号)
2 事業税が「損金不算入」になる可能性(4月14日号)
3 48.8%の会計士が企業の不正等を発見(4月21日号)
4 連結納税適用企業の法定実効税率に注意(4月7日号)
5 税理士業の事業承継めぐり取消裁決(4月7日号)

※T&Amasterの4月発行分(541号〜544号)の掲載記事から「記事データベース」にアクセスした数を集計。


最近の主な解説記事

(5月12日号) 
裁判所による法人税法132条の2の解釈(検証 ヤフー・IDCF事件 第二弾)
編集部
移転価格税制への対応(2) 税理士 品川克己
接待飲食費、ゴルフ等の飲食費は対象外 編集部
(4月28日号)
有価証券報告書作成上の留意点(平成26年3月期提出用)
公益財団法人財務会計基準機構開示室 井門武蔵
金融商品取引法上の単体開示の簡素化に伴う「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」等の一部改正について
金融庁総務企画局企業開示課 佐藤光伸/江口慎太郎
新設分割等があった場合の納税義務の免除の特例(その2) 税理士 熊王征秀
所得拡大促進税制の平成26年度改正の注意点
公認会計士・税理士 長谷川敏也/税理士 竹内陽一
生産性向上設備投資促進税制、“不動産賃貸業”も適用可能か?
(4月21日号)
「責任ある機関投資家の諸原則」《日本版スチュワードシップ・コード》について
〜投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために〜 
金融庁総務企画局企業開示課 笠原基和/染川貴志
輸入サービスに関する消費税課税ルールの実務への影響 編集部
税務代理権限証書の提出は平成26年7月1日前でもOK 編集部

■■上記を含むすべての記事がインターネットで読める■■
記事データベース」今なら2週間の無料体験実施中!

こちらよりご請求下さい(無料)




過去の公開記事(タイトルのみ)
2011年2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年1月
 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年1月 2月 3月 4月

●●● 電子書籍版も好評発売中 ●●●
価格もお求めやすくなっています。詳細はこちら

 雑誌のご紹介
税務・会計・会社法は目まぐるしく改正され、更に複雑に関連しています。このため、従来の単独分野の専門誌では、実務上の対応が遅れてしまうのが現状です。3分野の個々の情報をお伝えするとともに、それらの関連を明らかにするT&Amasterは、今までにない一歩先を行く専門誌です。
国税庁記者クラブ 加盟誌
週刊ティーアンドエーマスター
編集・発行 株式会社ロータス21
販売 新日本法規出版株式会社
B5判/44ページ 毎週発行
年間購読 24,000円+税

電子書籍版のみの購読
年間購読 16,800円+税
 週刊誌に加え、読者専用「記事データベース」をご利用(無料)いただけます。

記事データベース 2週間の無料体験実施中。
こちらまで
創刊号からのすべての記事が全文検索可能。合わせて毎日更新の速報ニュース、雑誌未掲載の資料も多数収録。ウェブサイトを通じて読者のみなさまをサポートします。
 雑誌に掲載された記事は創刊号からすべて「記事データベース」に保存されています。これらの記事については、キーワード検索をすることができます。
 また、週刊誌ではニュースをキャッチしてから掲載するまでに最大1週間の遅れが発生してしまう場合があります。限られた誌面ではお伝えできなったニュースもあります。そこで、T&Amasterでは、読者専用の「記事データベース」を開設し、リアルタイムで速報ニュースを掲載することによりタイムラグを解消しました。
 加えて、ページ数の関係から雑誌に掲載できなかった各種資料を「記事データベース」に収録することで網羅性を確保しています。

 PC、スマホ、タブレットで閲覧できる電子書籍版T&Amasterも好評配信中。
  購読者は無料でご利用いただけます。

雑誌に併せて「電子週刊誌」(電子書籍版T&Amaster)のご利用が可能になりました。パソコンに加え、タブレット端末・スマートフォンにていつでも、どこでも、記事を閲覧することが可能です。
 週刊T&Amasterをご購読いただいている読者の皆様におかれましては、これまで読者専用のウェブサイトにてご提供しておりました「記事データベース」に加え、「電子週刊誌」(電子書籍版T&Amaster)が無料でご利用いただけます。
また、お求めやすい電子書籍版のみの購読もございます。

詳細はこちら

 

読者専用「記事データベース」2週間の無料体験、見本誌進呈
お申し込みはこちらまで
 
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2013. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで