国税庁・国税の納税証明書台紙を改定
納税証明書偽造事件への対応策

 

 国税庁は2月10日、国税の納税証明書台紙を変更し、今年3月1日以降発行するものから、全国一斉に新しい用紙に切り替えることを発表した。

ロゴマークと「複写」の文字を変更
 今回の改定は、昨年以降、納税証明書の偽造事件が発生していることに対応したもので、納税証明書台紙のロゴマークの色が緑色に変更されるほか、浮き出る「複写」の文字を細かくしたものに改定される(右見本参照)。
 なお、提出を受けた納税証明書が偽造されたものかどうか等の確認は、納税証明書の種類、発行番号、納税者の住所・氏名(所在地・名称)、金額等の記載事項により、発行した税務署の管理部門統括国税徴収官に問い合わせることができる。

  T&A master ニュース関連情報(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)
  キーワード 「納税証明書」⇒7件
4月1日からe−TAXの開始届出書の受付が開始 2004-04-12
4月1日からe−TAXの開始届出書の受付開始 2004-03-31
国税庁・国税の納税証明書台紙を改定 2004-02-10
納税証明書交付手数料の納付が現金でも可能に 2004-01-09
東京都内などで偽造納税証明書出回る 2003-12-15
国税庁・納税証明書交付請求書の裏面を一部改正 2003-08-05
国税庁・平成14年度租税滞納状況を公表 2003-07-29


 

 年間25,200円でできる確かな情報武装!週刊「T&A master」のご購読はこちらまで

 

週刊「T&A master」056号(2004.3.1)「最重要ニュース」より転載)

(分類:税務 2004.4.26 ビジネスメールUP! 562号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで