損金不算入

 

 法人税法上、課税所得は「益金の額マイナス損金の額」で算出される。この損金の額は、一般的に、原価・費用・損失だが、会計上の費用であっても政策目的等から損金の額に算入されない項目もある。このような損金不算入項目の代表例が「交際費等」である。損金の額に算入されない分、課税所得は増加する結果となる。逆に、会計上の収益であっても、税務上益金の額に算入しない項目もあり、受取配当などが代表例である。

 T&Amasterニュース関連情報(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
 キーワード 「損金不算入」
⇒25件

利益連動給与の損金算入規定で公開企業の開示方法に影響も 2006-03-27
国税庁、移転価格事務運営要領などを一部改正  2006-03-27
業務主宰役員給与の損金不算入額は、法人の支給給与額をベースに計算 2006-03-20
平成18年度税制改正法案、衆院可決で参院へ送付 2006-03-13
給与所得控除相当分の損金不算入、「主宰する役員」は給与の額で特定 2006-01-23
資本金総額が119兆696億円で調査開始以来初の減少 2006-01-09
(以上、最新掲載順)

週刊「T&Amaster」158号(2006.4.10「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2006.5.8 ビジネスメールUP! 842号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで