著作権等について会社概要質問・お問い合せサイトマップ

 

KSKシステム

 

 KSK(国税総合管理)システムは、全国の国税局(所)および税務署をネットワークで結び、納税者の申告データおよび申告状況に関する情報を一元的に管理するコンピュータシステムのこと。各種税務データの分析を行うことで税務調査に活用されるほか、滞納の新規発生事案を対象とする納税コールセンターでの電話催告ではKSKのデータをもとに電話がかかる仕組みとなっている。納税者には納税証明書の発行や質問・照会の回答が迅速に行われるメリットがある。

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

 

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「KSK」⇒13

分類

タイトル
登録日
オフィシャル税務 税額控除制度の効果的なPRによりe-Taxの一層の普及を図る 2007年 06月 18日
オフィシャル税務 国税庁の定員は26人増の5万6,185人 2006年 12月 25日
オフィシャル税務 e-Tax利用促進経費として106億円を要求

2006年 09月 11日

オフィシャル税務 納税コールセンターで土・日曜日にも電話催告を実施 2006年 05月 22日
プレミアム税務 納税コールセンターで土・日曜日にも電話催告を実施 2006年 05月 10日
オフィシャル税務 税制改正項目へのシステム改修費等として約59億円を計上

2005年 12月 26日

(以上、最新順)

週刊「T&A master」215号(2007.6.18「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2007.7.25 ビジネスメールUP! 1014号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2001. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで