配偶者の税額軽減

 相続人の遺産形成に寄与していることなどを理由に、配偶者が被相続人の相続財産を取得した場合、配偶者の法定相続分(子がいるケースで2分の1)相当額または1億6,000万円のいずれか大きい金額まで相続税がかからないという制度(相法19の2)。たとえば、配偶者が取得した相続財産が1億6,000万円以下の場合は、相続税がゼロとなる。配偶者の税額軽減は、仮装または隠ぺいされた相続財産については適用対象とはならない(同D)。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「配偶者の税額軽減」⇒26

分類

タイトル
登録日

解説記事

二世帯住宅と小規模宅地等(特定居住用宅地等)の特例 2013年 02月 18日

コラム

臨場日から数か月経過後に作成の調査報告書を採用せず

2012年 09月 24日

コラム

海外資産の相続を巡る税賠訴訟で亡税理士の妻子に賠償命令

2012年 03月 26日

解説記事

新・事業承継税制計算実務事例(下)〜計算事例から検証する納税猶予制度の問題点〜

2009年 09月 21日

コラム

長期にわたり未分割のままの遺産がある場合の注意点

2008年 06月 30日

プレミアム税務

端数調整で相続税額の発生も、納税猶予の特例は適用できず

2008年 02月 18日

(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」485号(2013.2.4「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2013.4.26 ビジネスメールUP! 1815号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで