端数処理の特例 (消費税)

 消費税の端数の処理方法に関し、代金決済方法の違いにより生じる負担を軽減するための特例。百貨店業界など、外税方式のレジを採用している企業に配慮したもの。「税抜価格」を基礎として計算する対消費者取引における代金決済の場合について、発行される領収書等において、当該領収金額に含まれる消費税額等相当額の1円未満の端数を処理した後の金額を基礎として消費税額の計算をすることができる。消費税率が8%へ引き上げられる時から当分の間講じられる予定。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「端数処理」⇒59

分類

タイトル
登録日

解説記事

平成25年度における各省庁の税制改正要望は?

2012年 09月 17日

解説記事

消費税率引上げで過去から学ぶ総額表示義務付けのポイント

2012年 06月 11日

コラム

株主総会決議必要型のキャッシュ・アウト 2012年 04月 09日

コラム

議事録から読み解く会社法制部会第一読会の審議(7)

2011年 01月 31日

オフィシャル税務

定期金評価などに関する通達の解説を公表

2010年 07月 23日

オフィシャル税務

認定会社が外国会社株式等を有する場合の計算を明記

2010年 07月 12日

(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」485号(2013.2.4「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2013.5.10 ビジネスメールUP! 1817号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで